糖質制限vs 高強度筋トレ

高強度筋トレと食事のカロリー制限で、糖尿病が感知するという説があります。糖質制限を始めて1っ週間後くらいにブログにたどりつきました。
実際にご本人が完治されたとのことです。そのブログhttps://ojyokoita.blog.fc2.com/
はかなり専門的な体のメカニズムのことや内外の論文などについても記述されており、勉強になります。専門的過ぎて理解が難しい内容もありますが。
糖質制限については完全否定に近いです。糖尿病の完治とは健常者と同じ状態になること、つまり何を食べても高血糖にならないことであり、糖質制限では高血糖は防げても糖質代謝を正常にする(糖質をとっても血糖値が高すぎる状態にならない)ことはできないし、糖質制限は耐糖能(糖質の代謝機能)を弱めると主張されています。
筋トレで糖尿病が治るのならとても魅力的なアプローチです。最も治り易い人は、罹病期間が短い(発症直後の)肥満型の2型糖尿病の人で、治りにくい人というのは、痩せ型の人であるとしています。

糖質制限かカロリー制限+筋トレか、これは両方を選択することができないので、かなり悩みましたが、まずは糖質制限を継続することにしました。
理由は、自分の場合やせ型(40年前の高校生の時に72kg、生涯最高が79キロ、糖尿病発覚前の数年は77~78 kg、身長181cm)なので、どうもこの方法は自分に合わないかもしれない、と考えたこと、効果が出る前に通常のカロリー制限食では食後高血糖になる可能性が高いと考えたためです。さらに長年の運動不足で筋力が落ちており、いきなり高強度筋トレは無理そうな気がしました。また、ジムに通う、というやり方は自分の生活スタイルと好みから考えると長続きしないような気がしたことも要因のひとつです。

しかしこのブログに出会い、いろいろと検索を重ねる中で、筋肉をつけることが血糖値の改善に有効と考えられること、でありそう食後高血糖を防ぐ方法としてもウォーキングなどの有酸素運動と同様に筋トレが有効であることなどがわかりました。糖尿病対策としてだけでなく筋肉をつけることは健康にも良さそうなので、筋トレも始めることにしました。最初に始めたのは腕立て伏せやスクワット、腹筋運動などです。2,3か月糖質制限をしてみて効果がなければ、高強度筋トレにチャレンジしてみよう、と考えました。

コメント