くら寿司の糖質制限

奥さんが寿司が食べたいのと言い出したので、糖質制限メニューのあるくら寿司に行ってみました。

糖質はなんと2.3g。麺はこんにゃく麺でしたが普通においしくいただけました。そのほかに、

この中から、えびマヨ手巻きとえびをいただきました。これは、想像通りの味というか、次回以降はパスです。私の好みにはあいませんでした。

 

お寿司は

シャリが半分になっていました。残念ながらお正月でびんちょうとサーモンの2種類だけだったため、そのほかはセルフでプチシャリにしていただきました。

お寿司を調子に乗って食べていると糖質オーバーになりそうだったため、茶わん蒸し、鶏の唐揚げ、天ぷら盛り合わせなどをいただき満腹になりました。

 

帰りに、奥さんは車で、私は途中で車を降りて15分ほど軽くジョギングと歩きを交えて運動して帰りました。

食後1時間値(家に着いた直後)は 116
食後2時間値は、124でした。

くら寿司、使えることがわかりました。これまで奥さんとの外食はハンバーグかステーキか居酒屋に限定されていたので、選択肢が増えました。ありがたいことです。

糖質制限のデメリットとして外食の制約を感じています。

子ども達が独立して夫婦二人暮らしなので、二人での外食が気楽です。

糖尿病発覚前はラーメン屋、丸亀製麺など麺類の外食が多かったので、この選択ができないのは、麺好きの奥さんにも申し訳なく思っています。

誰か本物に近い糖質制限中華麺を開発しておいしい糖質制限ラーメン屋がたくさんできればいうことなしなのですが、、、、。
糖質制限をする人が増えて、糖質制限食の提供がビジネスとして今以上に盛んになることを期待することにします。

ブログランキングに参加中です。よかったらクリックして応援してください。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖質制限と血糖値
薬いらずの糖尿病治療

コメント

  1. 匿名 より:

     糖尿病についていろいろ参考になりました。A1cgaが13というのは相当悪い状態なのでしょうか。ちなみに私は昨日の測定結果、7.3でした。案れは注射をしているからかもしれませんが。クレアチニンは14.でした。近くの医者は腎臓透析を進めてきましたが、私は拒否しています。先月から糖尿病専門の医師の治療を受けることにしました。1昨日の検査結果では、14.クレアチニンでしたが糖尿病のことは問題ないということでした。「注射もしないで済むようになりますよ」と言ってくれました。一般内科医師と専門医師との判断にこれほどの差があるようです。もう糖尿病と言われて50年近くになりますが、症状は大きく変わっていないようです。
     Blog:future2058man

    • ホリデー より:

      どう返信してよいのか悩みましたが、2型糖尿病でHbA1cが13であれば重症なのではないでしょうか。