出張先のビジネスホテルの朝食-糖質のチェック

バイキング形式の出張先のビジネスホテルの朝食は、糖質量が少なく、10g程度で済むと安心していました。

想定より高い1時間値165となったので、翌日、慎重にチェックしてみました。(同じホテルに宿泊しています)

その結果、これはあかん!、を再発見しました。

 

一つはサラダのドレッシング

イタリアンドレッシングなら糖分はあまりないだろうと思って使っていたのですが、、、、。

味を確かめながら食べてみました。

フレンチドレッシング:「あま~い」これはかなり砂糖が入っています。フレンチドレッシングって、油と胡椒と酢(又はレモン)で作るものと思っていましたが、、、(ホテルで出てくるものはどれも甘いように思います)

イタリアンドレッシング:これも「あまい」。フレンチドレッシングほどではないですが。砂糖が入っているようです。

和風ドレッシング、胡麻ドレッシング:これも甘いです。砂糖かみりんはわかりませんが。

ドレッシングは、脂質が多いので貴重なカロリー源と思っていましたが、味見してみないとわからないですね。

ホテルによってはイタリアンドレッシングは甘くないことがありました。シーザードレッシングも大丈夫なことが多いように思います。

糖質量を気にする私としては、オリーブオイルと酢と塩コショウ、マヨネーズを置いてくれると助かるのですが、、、

さて、もう一つ、これは失敗だった、を発見しました。
それがこれです。

よくビジネスホテルで出てくることがあります。オムレツはタマゴに生クリーム、バターなどが加わっているはずでこれも高カロリーでありがたい食品です。

ちょっとだけならいいか、といつもケチャップを少しかけて食べています。

ケチャップをかけずに食べてみると、、、「あまい」佐藤が入っていると思われます。ということはこれにケチャップをかけるということは、アイスクリームに黒蜜をかけている状態、、、おいしいんだけど、、、、です。

今回のホテル、ビジネスホテルでは中の下程度のホテルと思います。

このオムレツは既製品なのでは?という感じです。

 

さて、慎重に糖質量を考えて食事をとった結果

サラダ 山盛り  4g(ドレッシングは味見だけ)
オムレツ 2g
納豆小2個  4g(たれの分が?)
カフェオレ(牛乳50gほど) 3g

計 13g (前日は推定21g)

*前日と比較すると、ヨーグルトとオレンジをカット、カフェオレの牛乳を半分にしました

加えて、食後にかる~いHIIT(バーピー20秒、ゆっくりペースでを4セット 2分)
(前日は食後30分うたた寝)

の結果、

前日の1時間値 165

この日の1時間値 130
この日の2時間値 115

ほんのちょっとの差なのですが、私の敏感な食後血糖値にはかなりの影響があります。

血糖値測定は、気のゆるみを引き締める効果もあるようです。

ブログランキングに参加中です。よかったらクリックして応援してください。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖質制限と血糖値
薬いらずの糖尿病治療

コメント