くら寿司で糖質制限でないメニューの血糖値上昇は?

朝食後の血糖値上昇の実績データから、私は糖質1gあたり血糖値上昇3が概ね妥当であろうと再検証しました。

耐糖能実験ーブドウ糖錠剤で試してみました
しらねのぞるばさんの耐糖能測定をまねて実験してみました。使ったのは、3gづつ個装になっているブドウ糖(ラムネ風)

ブドウ糖錠剤での実験では、3.4程度の上昇でした。

ブドウ糖錠剤耐糖能実験-朝と昼の違い
ブドウ糖錠剤24gによる耐糖能実験で、私が180を超えない限界値は18g程度と推測されましたので確認の実験をしてみました。 実験の枠組み 24gでのピーク値が196でしたので18gだと算数上は178となります。 196-((24-...

ところが、ハワイ旅行での食事で50~80g程度の食事(パスタやラーメンなど)で200を超えませんでした。

旅行ととんぷく的糖尿病治療薬
今回の旅行では、思い切って薬の力を頼って、ほぼ普通の食事をしてみました。薬はなんと3種類飲みました。

ハワイでの実績は再現されるのか、日本での外食でも試してみることにしました。
ハワイ旅行では、糖質を多くとるので、メトホルミン+SGLT2阻害薬+DPP4阻害薬を服用していましたが、今回は現在継続して服用中のメトフォルミンのみ服用しています。

今回の実験は糖質制限に優しいメニューの多いくら寿司です。

今回は、糖質を取ってみる実験なので、糖質制限でないメニューをいただくことにします。
実験のために出かけたわけではないので、食べたいものを普通に食べてみます。
食べたものは
糖質オフでない普通のラーメン 糖質20g位
(麺の量が少なかったので)
寿司約10貫 糖質75g
(15貫食べましたが、途中からはシャリを残したので)
茶わん蒸し、海老天、イカ天 糖質5g

なんと、合計で100gの糖質をとってしまいました。
血糖値200超えは確実です。300も超える可能性があります。

血糖値上昇対策のため、食前と食後に20分ずつ歩きました。

さて結果ですが、

1時間後 121
20分歩いた直後なので、運動効果でしょう。

1.5時間後 133
少し上がりだしました

2.0時間後 120
え、これでもう収まるとは官あげにくいのですが。

2.5時間後 137
また上がりだしました。

3.0時間後 152
3時間たって上がりだすとはどういうことでしょう。どこまで上がるのでしょうか。

3.5時間後 146
4.0時間後 138
3時間をピークに徐々に下がりだしましたが下がり方はゆっくりです。

5.0時間後 110
空腹時血糖値のレベルまで下がりました。

100gの糖質にしては、血糖値のピークを抑えることができました。

メトホルミンの効果かもしれません。
酢飯は血糖値を上げない、という説もあるようです。
*「糖尿病は薬なしで治せる」(渡辺昌)に、学生が酢飯は血糖値を上げないことを発見、との記述があります。
運動の効果もあるでしょう。

それにしてもピークが152(実際はその前後でもっとピークは高いでしょうが)は出来すぎくらいうまくいっています。

一方で、糖質量が多いためか空腹時血糖値まで戻るのに5時間を要しました。通常、私は2.5~3時間で110程度まで下がります。
糖質だけでなく、食べる総量が大すぎて、消火に時間がかかったのかもしれません。腹八分でなく満腹まで食べてしまいましたので。

コメント

  1. モン吉 より:

    ホリデーさん、こんばんは

    糖質100g摂っての血糖値
    1時間:121  2時間:120  3時間:152

    ワイハに行かれた時の数値が素晴らしかったので
    コメントしようと思っていたのですが
    忙しくて忘れてしまいましたが、メトホルミンを服用されたにしろ、
    今回も素晴らしい数値ですね。これなら正常人レベルですね

    私の場合は、糖質制限を始めて5年位でしたか
    江部先生にぼた餅とか、だい福餅は大好きだった、という話をしていたのですが
    先生が「それじゃ一度、だい福テストをしよう」という事になり
    だい福餅2個(糖質約70g)食べて90分の血糖値が149でした。
    先生は「これなら正常人レベルだ」と言われた事がありました。
    数年の糖質制限で、β細胞をかなり休める事ができ
    機能が回復してきたのかもしれません。

    たまに普通に炭水化物等を摂りたい時は、メトホルミン等を服用すれば
    血糖値160以下に抑えられるので、素晴らしい回復と発見ですね!

    • ホリデー より:

      モン吉さん

      お久しぶりです。
      大福餅テストは、もしやったらやはり200超えするのではないかと何となくそう思います。
      たまにはエンジンを回してやる、というつもりでなんどか糖質摂取テストをやってみましたので引き続き記事にしますから、笑ってやってください。
      ただ、糖質を大量にとる食事は私の通常ではないので、やっていてもおっかなびっくりです。