医師とのコミュニケーションー伝わらない理由1

しらねのぞるばさんのブログを拝見しました。

コメント欄で西村様と 「とむ^^2型糖尿病」様が,まったく同じ感想を述べられています.

私は2ヶ月に1回の割合で検査のためにクリニックに行きますが、毎回、言いたいことが半分も伝わっていないような気がしています。
西村 典彦 様

医師との言葉のやり取りは難しいですね。私なんかほんとに伝えたい事の半分も理解してもらっていません。
とむ^^2型糖尿病 様

コミュニケーション理論とそのスキルは私の”専門”領域の話でもあり(20年ほど研修や個人面接(カウンセリング)を業として行っております)、また、患者当事者として医師とのコミュニケーションには感じることもあるので、書いてみます。

言いたいことが伝わらない、ということについての一般論ですが、

(考えたり思ったりしている)伝えたいこと  と 実際に伝えたこと はイコールではありません。

実際に伝えたことと 相手に伝わったこと(相手が理解したこと)はイコールではありません。

これがコミュニケーションの一般論です。

そして、伝えたいことが伝わっていない、と感じるときには様々な要因が考えられます。

伝えたいことを相手が理解できる言葉にする、というのは意外に難しいものです。
また、たくさん伝えたいことがあるために、その一部しか伝えることができず、結果として相手には言いたいことが伝わらない、ということもよくあることです。

さらに、実は、伝えたいこと(≒相手にわかってもらいたいこと)が自分で明確になっていないので、コミュニケーションを終えた後に不全感が残ることはよくあることです。

 

糖尿病対処は、大げさでなく長期的には自分の命にかかわることです。食事療法も運動も体調管理も毎日は変化がなくてもいろいろなことが起こりますし、気がかりなこともあります。
2~3か月に1回、たった5分程度で、自分が考えたことや気になっていることを医師に伝えてわかってもらうのは私には難しいです。
まして私の場合、少しは学んだのであれこれ答えが出ていないことを気にしていたりしますから、それを5分で共有することができるのだろうか、と思ったりもします。

コメント

  1. しらねのぞるば より:

    私も現役時代に,社内研修などで;

    伝わる内容 = わかりやすさ係数f1 × 相手の興味係数f2 × 伝えたい内容W

    であり,たいていの場合,f1とf2 は1よりかなり小さい,だから いくらいいことを言っても,f1やf2が大きい人に負けてしまうのだ

    と強調していました.
    でも,たいていの人は 私も含めて 内容さえよければ 必ず 相手は感銘するはずだと信じているのですよね. 特に 理科系・技術者はもう最悪です.科学術語をそのまま使ったり,ひどい時には その略語だったり.

    • ホリデー より:

      しらねのぞるばさん

      早々のコメントありがとうございます。
      なるほど、と思わせる公式ですね。
      私は文系ですが、理系8割の会社に20年以上勤務していましたので、エンジニア・研究者の思考パターンはある程度は肌感覚としてわかる(同感・共感できる)つもりです。(エンジニア・研究者とひとくくりにするのは大変失礼なことではありますが)