スポンサーリンク

血糖値の記録方法

血糖値の記録方法をご紹介します。

やりすぎとも思いますが、日々の記録とまとめ表と2種類作っています。

日々の記録

画像だけでは見にくいと思うので記入例

日付時間帯血糖値糖質量
11/1120
9朝食 ブランパン2 ヨーグルト5 サラダ2 ハムエッグ
1hr140*散歩20分
2hr130

データはダミーです。
食事の内容、特に糖質量、と運動の内容などを簡単に書いています。

書けないときもあったり、まとめて書こうとして食事内容を書かなかったりすることもあります。血糖値は血糖測定機に残っているので出張時や忙しかったときなどは後で血糖値だけ書くこともあります。
まあ、それほど厳密にはやっていないということです。

 

まとめ表

 

 

日付前日
就寝前食前1hr2hr糖質量食事運動など
11/1120120*140130*散歩20分

データはダミーです。
「*」は食後の運動による血糖値常勝への影響がわかるようにしています

昼、夜は、朝と同じ項目に分かれていますのために食事の内容、特に糖質量、と運動の内容などを簡単に書いています。

前日就寝前が、左にあるのは、暁現象の有無をわかりやすく確認するためです。最近は測定もほとんどしていません。

このまとめ表は、クリニック受診時に主治医にみてもらうために作ったが当初の目的です。日々の記録からの転記は無駄といえば無駄ですが、自分の傾向を把握することができます。

(毎日の測定だと、たまたま血糖値が低かった、高かったときの印象の影響を受けるので)

 

両方ともエクセルで原紙を作っています。日々の記録は、マルマンのルースリーフ用紙に印刷できるように余白を合わせています。一回作ればあとはプリンターで印刷するだけなので、毎回線を引くより簡単です。

血糖測定を始めたころ、どの表に記録を残すか、ちょっとだけですが悩みました。

そんな状態の方がいたら、参考になるかもしれません。

ブログランキングに参加中です。よかったらクリックして応援してください。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

糖質制限と血糖値
薬いらずの糖尿病治療

コメント

  1. ゆりかもめ より:

    私も記録方法を試行錯誤中です。
    運動の時間が食前になったり、食後1時間後になったりと日によって決まりません。
    ホリデーさんみたいな※を時間枠の中に付けようと思います。
    食事運動血糖値との関係を残していきたいと思います。

    • ホリデー より:

      ゆりかもめさん
      どこまでたくさんの情報を残すかとそれにかける労力のバランスですね。
      私の場合、何らかブログで情報提供できるかもしれない、と思うので、無駄も多いです。

      自分が続けることができること、が最も重要だと思います。