スポンサーリンク

血糖測定の誤差-クリニック Accu chek Contuor

クリニックでの測定と血液検査の結果の差

糖尿病専門医のクリニック受診時は、クリニックで採血した血でその場で血糖測定し、それを看護師が糖尿病連携手帳に記入します。血液検査の結果は次の受診時に渡されます。血糖値のデータが二つ存在するわけです。二つのデータを比較してみます。

クリニック血液検査
2017年11月142140
2017年12月136158
2017年1月126137

クリニックの測定器は静脈用とシールが貼ってあって、患者が購入して使う自己血糖測定器とは種類が違いますが、このくらいのずれ、誤差はある、ということだろうと思います。

Accu-chek Performa Nano とContuor next EZ

Accu-chek Performa Nanoを購入したときに、Contuor next EZと何度か比較しました。

Accu-chek Performa  Contuor next EZ

Accu-chek Performa  Contuor next EZ

だいたいこんな感じです。 Contuor next EZ は、他の機種より少し高めに出る、特に私の空腹時血糖値、2時間値で頻度の高い120~150の間ではその傾向があるように思います。

しかしいつでもContuor next EZが高いというほど、それぞれ安定しているわけではありません。どの機種もそれなりに誤差があるようです。

ブログランキングに参加中です。よかったらクリックして応援してください。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

血糖測定と測定器
薬いらずの糖尿病治療

コメント