糖尿病治療方針・考え

糖尿病治療方針・考え

糖尿病糖質制限に患者が考えたこと6-1年経過した私の選択

糖尿病食事療法の選択に関する今のところの私なりの結論です。
糖尿病治療方針・考え

合併症の不安の大きさと糖尿病治療の継続

私の現在の血糖コントロール状況は、この半年間 ・HbA1cがおおむね6.0 ・糖質は15ℊ/食程度なので、食後血糖値が180を超えることはほとんどない ・空腹時血糖値は自己測定だと110、クリニックでは125程度(起床後2時間値で...
糖尿病治療方針・考え

糖尿病発覚1年-これからの当面の治療方針(HbA1c5%台定着をめざして)

前の記事では糖尿病をありのままに受け入れる(受容する)という課題について書きました。これは糖尿病がこれ以上改善しないことを認めることでもありますが、その課題を意識しつつも、当面は血糖コントロールの改善にも取り組みます。
糖尿病治療方針・考え

糖尿病患者の治療にとって血糖コントロール以外に重要なこと

糖尿病発覚一年が経過し、今後の方針についてあれやこれや思いめぐらしています。血糖コントロール・改善をめざした対策のほかにも考えておくことがあるような気がしています。
糖尿病治療方針・考え

私が糖質制限を始めた経過・理由ー人体実験など誰もしたくありません

医療従事者であるピスタチオさんからコメントをいただきました。 ピスタチオさんからコメントは長いので、一部だけ紹介します。
糖尿病治療方針・考え

インスリン抵抗性とその対策

糖尿病の高血糖の原因はインスリン作用であり、インスリン作用不足はインスリン分泌不足とインスリン抵抗性により生じるとされています。肥満でなく、インスリン抵抗性に問題がある場合はどうすればよいのでしょうか。