私の糖尿病治療

糖尿病治療経過・実績

糖尿病発覚・糖質制限1年の振り返り

糖尿病発覚一年を経過し、HbA1c5.9になりました。悪い状態ではなくなりましたが、とてもよいと言える状態でもありません。今後の自分自身の治療方針を考える前にこれまでの振り返ってみました。
糖尿病治療経過・実績

糖尿病発覚1年後の検査結果-血糖値、HbA1c

クリニックで定期受診してきました。昨年11月に糖尿病発覚後1年経過しました。今回は、血糖値関連の数値のみ記事にします。
糖尿病治療経過・実績

糖尿病発覚1年間の血糖値の推移

糖尿病発覚1年が経過しました。クリニック受診のために、この1年間の推移を、最近の焦点の一つの朝の血糖値推移を中心にまとめてみました。
糖尿病治療方針・考え

私が糖質制限を始めた経過・理由ー人体実験など誰もしたくありません

医療従事者であるピスタチオさんからコメントをいただきました。 ピスタチオさんからコメントは長いので、一部だけ紹介します。
糖尿病治療方針・考え

インスリン抵抗性とその対策

糖尿病の高血糖の原因はインスリン作用であり、インスリン作用不足はインスリン分泌不足とインスリン抵抗性により生じるとされています。肥満でなく、インスリン抵抗性に問題がある場合はどうすればよいのでしょうか。
糖尿病治療方針・考え

私の糖質制限と耐糖能とインスリン抵抗性

インスリン抵抗性指標、HOMA-IR、HOMA-R とも表記されるようです。私の空腹時血糖値とインスリン分泌からは、インスリン分泌(HOMA-β)は正常で、インスリン抵抗性あり、です。