糖尿病関連情報と患者である私の考え

EBM・論文・現在の治療法など

糖質制限を始められない人が始めるヒント-自己効力感

心理学に「自己効力感(self-efficacy)」という理論があります。これは、人間の行動変容(新たな行動を始めたり行動を変える)を説明する理論です。
糖質制限の効果

糖尿病治療としての糖質制限を妨げるもの

糖尿病治療としての、糖質制限は、ネットを中心に、耐糖能が改善されない、対処療法だ、との否定的な見解もあります。私の体験的実感としては、効率的、効果的に合併症安全圏内(HbA1c7%未満)に到達できる方法ではないかと、思っています。私のような糖尿病患者のかたには、、血糖コントロールの方法として、おすすめしたいです。ですが、、、
EBM・論文・現在の治療法など

米国糖尿病学会の食事療法についての考え方-糖質制限を容認しているというけれど

糖質制限派からは、米国糖尿病学会が糖質制限を認めているという話がよく出てきます。 最近に江部先生のブログでも このように、米国糖尿病学会は2013年10月、「成人糖尿病患者の食事療法に関する声明」で糖質制限食を正式に容認しました。 ...
EBM・論文・現在の治療法など

朝食抜きは体に良くない?-間欠的ファスティングは?

間欠的ファスティングがインスリン抵抗性の改善効果ありとの説があります。何度か実施したことがあります。 みゅうさんから、このブログを読んで「間欠的ファスティング、実行してみます。」とのコメントをいただいたので、改めて記事にします。
EBM・論文・現在の治療法など

Vegan食(菜食)の糖尿病治療効果-バーナード論文2009

久々に論文の記事です。食事(特にPFCバランス=蛋白質、脂質、炭水化物の比率)と血糖値や疾患との関係の論文には興味を失っていました。 そのことはほとんど変わっていないのですが、たまたま読んで面白いと思ったので記事にしてみます。
EBM・論文・現在の治療法など

Plant-Based (Whole) Foodについて-しらねのぞるばさん

しらねのぞるばさんが、Plant-Based (Whole) Foodの論文を詳細に吟味し、どのように受け止めたかを書いてくださりました。何が正しいかの議論ではなく、論文の受け止め方として大変参考になると思います。
EBM・論文・現在の治療法など

プラントベースホールフーズの食事法か糖質制限か

Kさん(このブログにコメントをいただいたときはくるくるさん)のブログで、プラントベースホールフーズの食事法の糖尿病治療への効果の論文が紹介されています。同じ論文について、江部先生のブログで読者から質問があり、江部先生が答えています。
糖質制限の効果

糖質制限反対論の分類-しらねのぞるばさんより

しらねのぞるばさんかあら、糖質制限反対論の分類のコメントをいただきました。 とても見事に整理されていて、私はしらなかったことも多く、そのまま記事にさせていただきます。