スポンサーリンク

血糖測定器 ACONを購入しました

私が使っている血糖測定器です。ACON社のOn Call Expressです。

左からランセット(先端に針がついています) テスター(試験紙) 本体 穿刺器(ランセットを挿入します) です。
大きさの比較のためにメンタームスティックを右端に置いてみました。

血糖測定器は、インスリンを使用している糖尿病患者は、健康保険で購入することができるようです。私のような2型糖尿病でインスリンを使っていない患者は保険適用になりません。なので結構コストがかかります。テスターは一枚80~100円程度するようです。朝と毎食後図ると1日4枚,月120枚が必要でランニングコストが10000円/月くらいかかってしまいます。更に初期費用として本体購入費も必要です。「テスターが高価なので、以前は本体はただでくれたんだけどねえ」とかかりつけの内科医は言っていました。また、テスターの購入は薬事法によって薬局でしか購入することができません。高価です。さらに、血糖値測定器は高度管理医療機器に分類され、免許をとった薬局でしか販売していないようです。
これでは購入するのにも大変ですし、躊躇してしまいます。
ネットで検索すると、個人輸入は可能でその方が安く購入できること、日本で販売されている血糖測定器の多く(例えばニプロ、アボットとか)はアメリカ製で日本法人が販売しているので日本の薬局で購入するものと同じものが安く購入できること、個人使用で2か月分までであれば個人輸入も認められていることなどがわかりました。さらにネットで自己血糖測定の結果を公表しているような糖尿病の先輩たちはどうも ebay というサイト(会社)を使っているらしいということもわかりました。しかしebayという会社から買うのではなく、サイトを使用している業者からの購入なのでトラブるリスクもありそうな気がしました。また初めての購入で何を買えばよいのかもよくわからず、さらにいろいろ探して便利そうなサイトを発見し、そこで購入することにしました。
糖尿病お助け隊というサイトです。本体、穿刺器、すべて込み、テスター200枚の購入で7800円です。1枚あたり39円でかなり安く思えました。気になったのは、評判を調べようとネット検索してもステマではないか、と思われるサイトしか発見できなかったことです。この間数日考えたのですが、時間をかけて躊躇していつ暇はない、とりあえず試してダメだったらまた次を考えようと決断しました。

1か月ほど使用しています。使用した感想はまた別の記事にします。
今度は別のものを購入しようと考えています。

ブログランキングに参加中です。よかったらクリックして応援してください。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

血糖測定と測定器
薬いらずの糖尿病治療

コメント