糖尿病は治りません、必ず合併症は出ますと医師に言われました

糖尿病の専門でない内科医での診断

最初に糖尿病と診断したかかりつけの内科医(風邪で熱が出たときとかインフルエンザの予防接種のときに行きます)は、308という血糖値の数値を見て「糖尿病だね、くす血を出すから2週間後にまた来て」としか言いませんでした。「インスリンを打つようになるのですか」と聞くとうなずきました。ちょっと呆然としながら私が次の質問をしようとしたとき、医師は「はい」と言って検査結果の用紙を私に手渡し話を打ち切りました。これではだめだな、と感じて専門医を受診しました。
薬はネシーナでした。

糖尿病専門医の初受診

「初めてですから詳しく話をききましょう」と言われたので、これは話を聞いてもらえるのか、と思ったのですが、PCの画面を見ながら次々と質問し、キーボードで入力するの繰り返しで、人間と話している感じはしませんでした。持参した血液検査の結果を見た後で、
「糖尿病は治りません、必ず合併症は出ます。ひどい場合は網膜症で失明したり、壊疽で足を切断したり、脳梗塞や心筋梗塞もあります。糖尿病の人は普通の人の30倍以上心筋梗塞の発症率は高いです。あなたの場合喫煙歴があるからさらに高くなります。糖尿病の治療とは、足の切断とか失明に至らずに生涯を終えるようにすることです。」ときつく言われました。恫喝に近いと感じました。
「江部先生のブログを見て糖質制限をやってみようと思うのですが」と私が恐る恐るいうと、「江部先生のは極端です。日本糖尿病学会では認めていません。短期的にはいいかもしれないが、ヨーロッパの研究ではリバウンドが大きいというのもあります」と厳しく言われたので「ああ、そうですか」とだけ返答しました。
妻と一緒に栄養指導を受けること、一か月後の来院、を支持され診察は終わりました。
薬はネシーナでした。
帰宅後、妻に「人の顔を見ずPCだけ見て質問してきて感じ悪かった」というと、医者はそんなものだろう、と言っておりました。糖質制限のことについては、「ということはリバウンドしなければいいということなんじゃないの」と言っておりました。

厳しい態度で接する医師の対応について感じたこと

「日本の糖尿病治療の医療現場の多くでは、悪い状態になった患者をまず叱りとばし、反省を促すことを重視するのだという」(『糖尿病治療の深い闇』桐山秀樹 東洋経済新報社 2011 より)
ということなのかもしれません。
確かに2回目以降は、医師は口調も態度も穏やかに接してくれています。

患者としては情報は真摯に受け止めるが医師の態度は気にしない、という受け止め方が必要なようです。

コンサルタントの視点で考えてみました

しかし、恫喝するような医師の態度は間違っていると思います。このような態度に強く反発を感じつ人は通院の足が遠のくでしょう。また、委縮しすぎる人(叱られることに過敏な人)も同様です。医師の態度が通院を阻害する要因になっていることもあるのではないでしょうか。誰でも医者に楽しいことではありません。まして、「また先生に叱られるのだろうな、いやな思いをさせられるのだろうな」というストレスの大きさから通院しなくなることは起こっているような気がします。もしそうであれば、糖尿病の治療を阻む要因の一つは医師の患者を叱り飛ばす態度である、という仮説も考えられそうです。
多くのビジネスではリピーターの獲得が重要です。しかし糖尿病治療ではそれが保証されているビジネスです。何せ一生治らない=一度通院し出せせば長期間通院する、かつ投薬が増えるなど医療費がどんどん高くなる=ビジネスとしては収益が増える、という図式なので、来院した全員が通院してくれなくても一定数の患者を確保できれば十分に経営が成り立つことになります。叱り飛ばすことからスタートできるのはそんなことも影響しているのかもしれません。
話が脱線していますが、患者の人権の尊厳、対等な人間として接することということがどういうことなのか医師にはしっかり考えてもらいたいものです。ついでに、傾聴とか、カウンセリングとかコーチングとか、人と接するサービス業として必要なスキルも学んでほしいものです。
医療関係者が多くがサービス業という意識はないのでしょうね。という私も患者として医師の権威に圧倒されていますが。

コメント