スポンサーリンク

血糖測定機購入-ebayで購入するのにamazon.comで検索する理由

日本で購入する血糖測定器やテスターの多くは海外製品です。ですので、ebayで購入できる商品は日本で売っているものと同じものや同じもののバージョンが新しい製品が購入できます。アメリカではドラックストアチェーンなどがプライベートブランドで安く売っているようです。イオンのトップバリューみたいなものですね。それだけ購入する人が多いのでしょう。
私がebayで購入したバイエル社のcontour next EZは、箱がバイエル社ではなく、owellとなっており、ランセットと穿刺器はowell社のものでした。owellがどんな会社はわかりませんが少なくとも血糖測定機本体を作っている会社ではなさそうです。さらに送られてきた箱の中にamazon.comのレシートが入ってました。多分ebayに出品している個人業者がamazonから購入したものをebayで売っているのだと思わてます。
そこでamazon.comで調べたらありました。

小さくてわかりづらいかもしれないので、商品の部分だけを拡大すると

送られてきたキットはまさにこれでした。
業者は50ドルの商品をamazonで購入し、それをebayで、82.54ドルで出品する。それを私は送料込みで108.62ドル、12337円で購入したことになります。アメリカ国内であれば6000円足らずで購入できているのですからなんだか無駄な費用を払っている気もします。しかし日本の薬局で購入すれば本体1万円、テスター150円/枚とするとさらに倍の25000円ですから安く購入できたことになります。

ところで、ebayでのテスターの購入(個人輸入)は、薬事法により高度管理医療機器に分類されているため、個人使用で2か月分までという規制があります。テスターの2か月分は最大で一日7枚×60日で420枚ということです。2か月に一度安定して購入ができるためには、ebayにたくさんの出品があるものが望ましいです。個人業者が、amazonから購入するのであればamazonで多く売れているもののほうがよく、またamazonでの価格が価格の目安になります。ちなみにですが私が購入した82.54ドルは出品時のレートでで9600円、日本円で端数のないこの金額は日本向けを意識した価格ではないかと思われます。日本の薬事法のおかげでアメリカの個人業者のビジネスが成り立っているということなのかもしれません。アメリカだけでなく、イギリスもオーストラリアも韓国など多くの国で血糖測定器の購入販売には規制がないようです。ebayでの出品を多く見かけますので。日本もそうなってくれるとありがたいのですが。

ブログランキングに参加中です。よかったらクリックして応援してください。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

血糖測定と測定器
薬いらずの糖尿病治療

コメント